ディーふらぐ!のアニメを観た今後アニメバージョンを読むと熱いかも知れない

ディーふらぐ!はアニメをみた事はあるけど、漫画は読んだ事がなくて、何だか不安になりつつも手を出してみました。ええ、一旦アニメけれどもお確約のカテゴリの語り合い風景から始まって、微妙に安心ですね。けれども、ぱっと見のデキが何か些か乏しい気がしないでもありません。雷、土地、水、炎で言い争う女性校生とか、まずまず日本を探しても見つからないことでしょう。そうして、満を持して登場するのが、ひとまずヒーローの風間がいる風間一派ですが、ここでも無念図式の品質って思えてしまう。横縞、長山、風間堅次のアピールはアニメエディションと同じで、展開的には酷くありません。なので彼等がゲーム制作部と遭遇する風景になるわけですね。一先ず、ワルという彼等は、知名度を持ち上げるためにゲーム制作部になだれ込み、ただレクレーションをしまくる作戦に出ました。はい、この辺はアニメと共に、良い事情ですね。ただし、驚いてしまったのは風間一派において、ちょっと中で女性校生らが炎を取り囲んでいるとは思いません。しかも恋人らはファンタジーですとかいう、無理矢理な屁理屈を放って来る始末でむちゃくちゃだ。結局は、不備だったはずの風間がマスター容器として火をなくすという、何やらおかしな流れになっていました。ディーふらぐ!をアニメで見ていたら、そのまんまな感じがするので、割と安心して読めますね。最初は図式が神経質だと思っていましたが、だんだん馴染んでくるから恐ろしいだ。モチロン、この後はどうにか火事を防いです彼等が酷い目に遭うわけですね。ディーふらぐ!独特の意味不明な講話進展が読み手を煽ってきて、とどめは芦花の炎カテゴリが何故か萌えというアレが爆発で、大体の読者は納得するはずです。と言うか、こういう柴崎芦花さん、外面とっても萌え人物なのに、ヤル事がエグいから衝撃的だ。おおディーふらぐ!に出てくるお嬢さんは、自身やばい特徴があるので、それが逆に隔りになって良いんですよね。何ら、ここまで読んだら、すでに図式の方には慣れてしまって、普通に興味深いではないですか。

ワイルドに生きたい奴が熱く語ります